小樽学習支援センターは通学に便利

日本航空高等学校の通信制課程に、平成26年10月誕生したのが、日本航空高校(通信制課程)小樽学習支援センターです。

将来、パイロットや整備士、客室乗務員を目指す方はもちろん、就職や進学を目指す生徒の皆さん一人一人の目標達成をサポートいたします‼

 

日本航空高校(通信制課程)小樽学習支援センターは、札幌市内の通信制課程へ通学することが難しい方や、小樽市内の通信制高校への進学に悩んでいる生徒の皆様の希望をかなえるために誕生しました。

 

小樽市内在住の方はもちろん、その他の後志学区の余市・倶知安・共和・岩内などにお住いの学生の方は、JRや高速バスなどの公共交通機関を利用しても、札幌市内の通信制高校への通学は大変困難です。その理由は大きく分けて2点あります。

<交通アクセスでのデメリット>

小樽の生徒が札幌まで通学するのは電車で一本と思われるかも知れませんが、実際には住んでいるエリアによって一度バスで小樽市内の駅まで行き、JRに乗り継いで札幌まで出なければなりません。

余市の生徒であれば、バスで小樽まで最低でも30分かかりますし、JRだと本数も少なく通いにくいというデメリットもあります。

倶知安や共和町、岩内町など小樽から離れれば離れるほど、通学のための交通アクセスの悪さが問題として立ちはだかってしまうのです。

 

<精神的なストレス>

もちろん交通費や交通アクセスという経済的・物理的な問題点もありますが、札幌の通信制高校へ通学を考えた時の問題点として、混雑している電車に長時間ゆられての通学に自信がないという方もいらっしゃるでしょう。

特に不登校を経験したり、多くの人と接することに苦手意識のある方にとって、札幌市内への通学は大きなストレスや不安になりかねません。

そのため、せっかく札幌市内の通信制高校へ進学を決めても、通学できずに3年で卒業することが困難になってしまう方がいるというのも現実です。

 

<後志学区の方へ新たな選択肢を‼>

今まで小樽市や余市・倶知安・共和・岩内などの後志学区にお住いの方で通信制高校で勉強しようと思った場合、前述したようなリスクを承知の上で札幌まで出るか、小樽市内の双葉高校や明峰高校などの限られた私立高校へ進学するしか選択肢しかありませんでした。

そして、これは決してベストな選択ではなく、どこかで妥協をしながらの進路選択です。

日本航空高校(通信制課程)小樽学習支援センターは、このような限られた範囲での進路選択を迫られている小樽を始めとする後志学区や、小樽市の隣の手稲区の生徒に新たな選択肢をとの想いから誕生したサポート校です。

 

<小樽学習支援センターなら問題解決>

日本航空高校(通信制課程)小樽学習支援センターなら、札幌市内へ通うような交通アクセスの問題はすべて解消できます‼

小樽市内の方ならバス通学のみですし、南小樽駅が近いので余市町や倶知安町・共和町などからJRを使った通学にも便利です。

 

双葉高校や明峰高校の通信制課程への進学を悩まれる方には、「同じ中学校出身の子がいるかも…」という不安もあると思いますが、日本航空高校(通信制課程)小樽学習支援センターなら個別指導ですから安心して勉強できる環境です。

 

後志学区や手稲区の方で通信制高校への進学を考えている方は是非、小樽学習支援センターをご検討いたらければ幸いです。